読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Ojisan.

自称イケてるおじさんの日常行動

おじさんになると健康メンテナンスが重要になる

おじさんになるとメンテナンスが忙しい

20代や30代の時には殆どメンテナンスなどという概念はなかったように思う。何のメンテナンスかというと体のこと。つまり健康を維持する為のメンテナンスだ。職場の会話で30代や40代の社員がお互いに「健康診断で何か出た?」などと会話してて自慢げに「何も出てないよ」などと話している。そこに俺が「今の年(30代や40代)で出る訳ないよ。これからだよ。」と横やりを入れる。

まず歯科検診から始まる

どんなに自分が健康だと思っていても歯科検診を受けてみるといっぱい問題点が出てくる。それは当然だ。長い間酷使しているのだから。虫歯かどうかは勿論だが、歯茎の件状態も重要だ。今回は、生まれて初めて親不知を抜いた。上の奥歯で左右それぞれ1本ずつ抜いた。

実は、親不知の問題はかなり前から指摘されていた。親不知は一般的に歯並びが悪いせいかいろいろな問題が生ずる。それが顕在化してくるのが40代後半なのだ。従って思い切って今回抜くことに決めた。しかし、抜いたからと言って何も不自由はない。むしろ口の中が正常に戻ったと言う。もっと早くに抜いておけばよかった。

歯医者に行くと分かるが「とにかく歯間ブラシを使った歯磨き」を推奨される。つまり歯と歯の間はなかなかキレイに磨くことができない。それが歯茎にも影響するのだという。歯周病もその悪影響の一つだ。今では歯間ブラシは欠かせない。

内科検診は積極的に受けることにした

おそらく10年前(40才前後)から胃カメラだけは定期的に受けている。ここでの問題は胃もたれ。胃カメラのいいところは直接状況が確認できるのでその場で大よそのことが分かってしまう。10年前から胃もたれの問題があって医者からは逆流性胃腸炎と言われていた。シンプルに言うとおじさんにありがちな病気。特に太っているとアリアリな病気らしい。

しかし、今回の胃カメラではこの部分は改善されて無くなっていた。全体的にも特に異常がないとのことだ。アルコールなどで酷使している割には健康でいてくれてる自分の体に感謝した。その次にエコーで内臓全体をチェックしたが殆ど問題はない。血液検査ではメタボ特有な数値が出ていたので今回はここがポイント。

まずはメタボを治すことが今後の最大の課題

仕事が忙しくて健康チェックができないでいると、自分の問題点を把握できず放置されたままになってしまう。問題点や課題を見つけて対策を行っていく。この素直な行動がおじさん世代からは要求される。検査で何も出ない=健康なら合格という単純なものではない。とにかくメンテナンスが重要だ。