読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Ojisan.

自称イケてるおじさんの日常行動

株式投資を通じて自分の仕事以外に参加している妄想

I am Ojisan.

おっさんになると仕事はほどほどになってくる。手を抜いている訳ではない。ポイントが分かっているので無駄な仕事はしなくなってくる為だ。そんな私がプライベートで今一番熱中しているのが株式投資。まぁ、なんとなく昔から証券会社の口座は持っていたが真剣にやり始めたのは最近2年間の話。まだ現役のサラリーマンなので、そうは言ってもそれほど真剣ではなかった気がする。実際、最近の2年間であればマイナスなのだからずぶの素人だ。

この2年間で何かを掴んだのであろうか

それでもこの2年間の経験のうち最近1年間ではプラス。成長の理由は自分なりの投資ポリシーを持ち始めたからだ。あれもこれも衝動買いならぬ衝動投資は時間的にも所持金的にも無理なので、自分が興味のある会社をじっくり攻めることにしている。簡単に言えば中長期投資というもの。

これまでは買っては1ヵ月や3ヶ月以内に売ってしまうのが大半であった。株価が下がれば危ないと思ってスグに売却。株価が上がれば下がらないうちに薄利でスグに売却。結果、儲けのサイドは薄利ばかりなのでマイナスとなってしまう。(典型的な素人・・)

おじさんだから短気で短期投資なのか

いやいやこれはポリシーやノウハウの問題。株価は長い波長の中で上昇していくので短期ではなかなか儲からないのだ。一旦上がっては調整が入り下落する。また一旦上がっては調整が入りまた下落する。つまり、この繰り返しだ。いつのまにやらジリジリと上がっていくに過ぎない。

短期投資ではこのコブを的確に捉えないといけないので大変難しい。簡単に言えばギャンブルになってしまう。その会社のビジネスモデルがしっかりしていれば安定的に収益が上がっていくと思われるので、その株を買ってしまえばコブの羅列を眺めていればいいだけだ。

今や最も大切なスマホ=アップルへの思い

素人勘定で短期投資だった私がそろそろ1年近く持っている株があるのです。iPhoneで有名なアップルだ。昨年5月に1株94ドルで買った。今は140ドルくらいだから1年で約1.5倍になった訳です。昨年、一時はiPhoneの販売台数が減少してアップルの時代の終焉も囁かれたわけですが、IT機器の進化は目まぐるしくって新型スマホの発売毎に毎回大きな話題を呼んでいる。

性能的には実はiPhoneは劣勢と言われる中で、性能だけではなくブランド戦略が功を奏して依然ファンは多い。日本ではiPhoneのスペックがやっと他機種に追いついてきた。そうなればiPhoneへの乗り換え組も加速するだろう。つまり、アップルには二の足(一旦減速するがまた加速すること)があると見ている。